骨盤の歪みについて

骨盤矯正をする前に、骨盤が歪んでいるかどうかチェックしてみましょう。チェック方法はいくつかありますが、簡単なものだとまず床に何も敷かずに仰向けになります。

足をそろえて、両足の力を自然に抜いた状態で、かかとが力を入れなくてもくっついているか、つま先の開き具合は同じ(自然に外側を向くはずです)か、かかとの高さが違わない(歪みがあると足の長さが違っている場合があります)か、チェックしてみましょう。

これらに当てはまる場合は骨盤矯正で治る可能性があります。また、仰向けに寝て足を肩幅に開いた時、骨盤の一番高い部分と床までの高さを測ってみましょう。

左右の高さが違っていたら歪みのサインです。同じように、正座をした時に肋骨から骨盤までの長さを左右で比べてみる方法もあります。

目に見えるほどの大きな差はない方でも、仰向けから腹筋だけで起きあがることのできない方は腹筋が弱いため、内臓が下がってしまったり、骨盤がひらき気味になってしまったりしているかもしれません。

自分で出来るチェック方法として、ネックレスがいつも同じ方向にずれたり、靴の外側ばかりすり減ったり、ウェストのくびれの高さが違う、下半身が痩せにくくお尻が大きい、ヒップが扁平などの状態に心当たりがあれば歪みや開き、ずれを起こしている可能性があります。

気になる方は整体やカイロプラクティックなどで骨盤矯正をうけてみることをおすすめします。最近ではヨガやピラティスなど、体のバランスを整えることを目的とした運動も注目されていますので、自分にあった骨盤矯正方法をさがしてみましょう。

Copyright (C) 2008 骨盤矯正体操/骨盤ダイエットのページ. All Rights Reserved.