産後ダイエットに骨盤矯正

産後太りって下半身が中心にお肉がつきますが、下半身太りに効果を表すのが骨盤矯正なんです。上半身とのバランスをみた時に下半身が太めに感じる人は、体重が足の外側にかかっていることが原因なのだそうです。

外側加重というらしいのですが、足の外側に体重がかかるとそれによって骨盤やヒザが外側に向けて歪んでしまいむくみが出たり疲れやすかったりする原因になったり、太りやすくなったりするとされているそうです。

ヒザが外側に歪むということは、O脚になってしまうということです。わかりやすくいえば「がに股」ですが、あまりシルエットがキレイではないですよね。骨盤矯正することによりこういった歪みが改善されむくみや脂肪が落ちるということです。

ところで産後ダイエットに特に骨盤矯正が、効果があるといわれているのはなぜでしょうか。それは想像してもわかるかと思いますが、出産は骨盤にとても大きな影響を与えるものだからです。

赤ちゃんは産道を通って外に出るので、赤ちゃんの体が通りやすい環境にするために、骨盤は出産が近づくと開きやすくなるように柔らかくなります。この骨盤の柔らかい状態は、赤ちゃんの体が通りやすくなると同時に変形もしやすい状態にあるということです。

出産時から産後にかけて開いた骨盤がそのままの状態で戻らなかったり、変形してしまった状態で固まったりしてしまうと全身が歪み腰痛や頭痛につながるのです。

産後は体が普通の状態ではないのでムリは禁物ですが、少しずつ軽いストレッチをしたりすることで骨盤矯正をし、体の歪みを改善するようにしましょう。

Copyright (C) 2008 骨盤矯正体操/骨盤ダイエットのページ. All Rights Reserved.