妊娠中の骨盤矯正について

一般的に、妊娠すると安定期になるまでは、痛みを感じても治療しないことが多いと思います。東京にある御先カイロプラクティック整骨院では、妊娠中でも腰痛や神経痛などの治療ができます。

妊娠中だから治療を避けなければならないということはありません。御先整骨院では骨盤矯正の治療を基本として、薬を使用せず女性が健康に過ごせるように手助けをしています。

妊娠すると、それまで尿検査などで特に異常がなかった人でも、尿タンパクや糖の検査で注意されることがあります。これは、妊娠すると腎臓の機能が一時的に低下することが原因です。

このように、妊娠中はとてもむくみやすくなります。そして、羊水が徐々に多くなり、赤ちゃんもどんどん大きくなってくると、腎臓そのものが、後ろの方に変位していきます。

腎臓の後ろには大腰筋があるので、腎臓が後ろや下に変位すると、大腰筋が収縮され腰のカーブが悪い状態となり、腰痛の症状が現れるのです。その大腰筋を矯正することで、腰痛は改善されていきます。

御先整骨院では、治療によって左右の大腰筋の差をとって、正常な内臓の位置にします。それにより、妊娠中の人でも症状を改善することができるのです。

御先カイロプラクティック整骨院は、女性のための骨盤矯正以外にも、男性の骨盤矯正や、生まれたばかりの赤ちゃんの治療なども行なっています。

Copyright (C) 2008 骨盤矯正体操/骨盤ダイエットのページ. All Rights Reserved.