骨盤の歪みのチェック

骨盤矯正を行なう前に、あなたの骨盤が歪んでいるのかチェックしてみましょう。まずは、何も敷いていない床に仰向けになって、両足に力が入らない状態でそろえます。

歪みがなければ、自然とかかとがくっつき、高さが同じになっています。また、つま先が自然と外側へ開いているかも確認してください。

次に、仰向けになって、肩幅に足を開いた状態で、もっとも骨盤の高い位置と床の高さを測ります。歪んでいる場合は、左右の高さが違ってきます。

また、正座の状態で、肋骨から骨盤までの左右の長さを比べてみてください。大きな差があれば、骨盤が歪んでいるということです。そんなに差がない人でも、仰向けの体勢から、腹筋だけを使って起き上がれない人は、腹筋が弱っています。

そうなると、骨盤が開いていたり、内臓が下がっていたりするかもしれません。また、四角いおしりやぺっちゃんこのおしりの人も、骨盤が歪んでいる可能性があります。

それでは、自分の骨盤が歪んでいるか、簡単にできるチェック方法を挙げます。

・いすに座るとき足を組む癖がある。
・正座やあぐらをかきづらい。
・猫背である。
・腕の長さが左右で違う。
・スカートの中心がいつもずれている。
・ウエストのくびれている部分の高さが左右で違う。
・いつも同じ方にネックレスがずれる。
・靴底の外がすり減っていたり、左右で減り方が違ったりする。
・寝相が悪かったり、仰向けで寝ることができなかったりする。

このようなことに思い当たれば、あなたの骨盤は歪んでいたり、開いていたり、ずれていたりする可能性があります。骨盤矯正体操やヨガ、ピラティスなどを行なって、骨盤の歪みを矯正しましょう。

Copyright (C) 2008 骨盤矯正体操/骨盤ダイエットのページ. All Rights Reserved.